海外生活で最初に覚えておくべきフレーズ② いってらっしゃい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外でも挨拶は大事なコミュニケーションです。また、ホームステイやルームシェアで外国人と住むケースがあります。ここでは、挨拶の中で「いってらっしゃい」のフレーズを紹介します。

いってらっしゃい

自分が出かけるとき、「いってらっしゃい」と言ってもらえるとうれしいですよね。そんな「いってらっしゃい」は英語ではどんなシチュエーションでも使える「これ!」という表現がないため、シチュエーション・ニュアンスごとに表現方法を変える必要があります。

Take care.
直訳すると「気を付けてね。」となり、もっともフランクな「いってらっしゃい」です。

Stay out of trouble. / Keep out of trouble.
直訳すると、stay / keep = 滞在する、留まる + out of~ = ~の外へ + trouble =トラブル で「トラブルの外にいいてください。」となり、トラブルに合わないように、気を付けてねという意味の「いってらっしゃい」となります。

I will see you later.
「またね」、「また後で会おうね」というニュアンスの「いってらっしゃい」です。

Be good. / Behave well.
「いい子でいるのよ」と母親が小さい子供に言う場合に使う「いってらっしゃい」です。

Enjoy. / Have a fun. / Have a good time. / Have a blast.
これから相手がパーティーや旅行など楽しいことに向かって出発する時に使う「いってらっしゃい」です。blast = 爆発する という意味なので「興奮するくらい楽しい時間を!」というニュアンスとなります。

Work hard.
直訳すると「一生懸命働いてね」となり、仕事に行く人にかける「いってらっしゃい」です。

細かく分ければまだありますが、このくらい覚えておけば大体のシチュエーションで使い分けができると思うので覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*